日本リヒテンシュタイン協会
Japanisch-Liechtensteinische Gesellschaft

 

リヒテンシュタイン侯家の美術コレクション、再び来日

東京・上野 国立西洋美術館にて展示中

 美麗さで有名なリヒテンシュタイン侯家の美術コレクションの一部が東京・上野の国立西洋美術館の企画展「ルーベンス展ーバロックの誕生(開催期間:2018年10月16日〜2019年1月20日)」にて展示されております。侯家の美術コレクションからはクララ・セレーナ・ルーベンスの肖像など三点のコレクションが貸し出され展示されており、侯家の美術コレクションを見れる良い機会ですのでぜひご覧ください。
 詳しくは、国立西洋美術館のウェブサイトをご覧ください。

国立西洋美術館ウェブサイト

一般公開講座のご案内

2018年10月1日

豊かな小国「リヒテンシュタイン侯国」の不思議

スイスとオーストリアに挟まれたヨーロッパの小国をもっと知りたいと思いませんか?

 スイスとオーストリアに挟まれたヨーロッパの小国「リヒテンシュタイン侯国」をもっと知りたいというご要望にお応えして、来たる12月に開催を予定している日本リヒテンシュタイン協会の講座を一般公開をいたします。
 当協会の名誉会長(植田 信行)が四十年に渡る研究をもとにその不思議をわかりやすく解き明かします。
 リヒテンシュタイン侯国にご興味のある方は、ぜひご参加ください。
 

主な内容
なぜ、こんな小国が誕生をしたのか
2度の世界大戦において、この小国が中立を保つことができた秘密
貧しい農業国から、ヨーロッパ屈指の豊かな小国になれた理由

 
 我々日本人が誰しもが持つ疑問の全てにお答えができる講座と自負しております。下記の要項で開催をいたしますので、参加を希望される方は下記のリンクからお早めのお申し込みをお願いいたします。なお、会場の都合上により参加の人数に制限がございます。ご参加のご要望にお応えできない場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。
 

一般公開講座開催要項

日  時 : 2018年12月15日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
会  場 : 東京YWCA会館(東京都千代田区神田駿河台1-8-11)
参加費用 : 1人 1000円(協会会員は無料)
参加締切 : 定員になり次第

ご参加の申し込みはこちら(一般参加)

協会会員の方へは、事務局より別途ご案内をいたします。