日本リヒテンシュタイン協会
Japanisch-Liechtensteinische Gesellschaft

 

世界の切手収集家を魅了するミニ国家の切手

大森 洋一(寄稿者紹介ページ)
日本リヒテンシュタイン協会理事

はじめに

 リヒテンシュタインと言う国の名を聞くと、切手を連想される方も多いはず
 このウェブサイトにアクセスされた皆さん向けに、世界中の切手収集家を魅了すると言われる同国の切手をご紹介してみよう。説明はなるべく平易な表現を心掛ける積りであるが、時折専門用語を使用せざるを得ない事もあると思うので、その点ご容赦頂きたい。また此処ここでの解説はそれらの切手の図案や製造上の手法や特質、更には発行された背景などのトピックスに限定し、その切手が持つ経済的価値についての論述は差し控えさせて頂く。
 なお、予めお断りしておくが、このサイトで公開している切手は全て個人コレクションの現物をスキャンしたものである。表示に当たっては画面上での見易さを優先したので、縮尺は個々の画像でまちまちである。法令に従い、未使用切手については図の左隅に斜線を入れさせて頂いている。使用済や縮小した図はこの限りでない。

第一回
遅い一番切手の発行とそれ以前

第ニ回
オーストリアからスイスへ連携の変更

第三回
魅力的な切手へと変貌