日本リヒテンシュタイン協会
Japanisch-Liechtensteinische Gesellschaft

 

国名表記について

日本リヒテンシュタイン協会

これからは、「リヒテンシュタイン侯国」と表記されるようにお願い申し上げます。

 リヒテンシュタインの正式な国名は、同国の公用語であるドイツ語では「Fürstentum Liechtenstein(リヒテンシュタイン侯の治める国)」と定められています。そのため、日本語でリヒテンシュタインの正式な国名を書く場合は「リヒテンシュタイン侯国」と表記することがその歴史的背景とその政治的形態に最もふさわしい表記であると日本リヒテンシュタイン協会では考えております。
 その理由として欧州各国において「ロイヤル・ファミリー」を有する国の名称はその成り立ちと歴史よって厳格な名称が決められていて、その歴史と決まりを逸脱することは許されることではないというのが挙げられます。モナコおよびルクセンブルグは「大公国」ですが、リヒテンシュタインを「大公国」あるいはモナコおよびルクセンブルクを「公国」と日本語で記し称するのは間違いであらぬ誤解を生むことになるのです。
 リヒテンシュタイン侯国は、かつて日本国で発行をされる新聞が使用する漢字コードの中に侯国の「侯」の字が無かったために便宜的にやむをえず「公国」と記述されました。それを原因として、現在でも同国を「リヒテンシュタイン公国」と記述するケースが後をたちません。しかし、ドイツ語の場合ではこれでは「Herzogtum(公国)」となり「Fürstentum(侯国)」より爵位が上の者が治める国となってしまいます。誤った爵位でもって称し記することは、失礼にあたるのはご存知のとおりです。このことから、「リヒテンシュタイン侯国」を「リヒテンシュタイン公国」と記述することは国名を正しく記していない間違いであることをご理解をいただけると思います。
 近年では日本語での外国の国名・人名などできる限り現地の言葉に近い表現をという傾向もあり、今後「リヒテンシュタイン」について書かれる場合は正しい表記である「リヒテンシュタイン侯国」と表記をされますように十分ご配慮をいただけますようお願いを申し上げます。(なお「侯」と「候」をお間違いにならないようにご注意ください。)

(参考)ドイツ系各国における爵位の順序
皇帝(Kaiser:カイザー)
王(König:ケーニヒ)
大公(Erzherzog:エルツヘアツォーク)
公(Herzog:ヘアツォーク)
侯(Fürst:フュルスト)
方伯(Landgraf:ラントグラーフ)
伯(Graf:グラーフ)

 日本国外務省のホームページなどでは、「リヒテンシュタイン公国」と表記しております。これは日本国以外の国との公文書を英語で取り交わす日本国外務省の方針で「侯国」または「公国」は、英語では Principality となっている関係で「公国」との表記を使っているとの見解でした(2004年9月の日本リヒテンシュタイン協会からスイス連邦駐箚日本国特命全権大使への申し入れに対する日本国外務省の回答による)。
 なお、日本リヒテンシュタイン協会では今後ともに正しい国名の表記をされるように、日本国政府に対しても要望をしていきます。

これからは、「リヒテンシュタイン侯国」と表記されるようにお願い申し上げます。